Hotする車屋さん「family」

ファミリーの愉快な仲間たちによる愉快なブログです^^

ぷれぜんと

こんばんわ♪

業務の石井です。お久しぶりになってしまいました・・・。

今日書く記事は少し暗い内容になりそうなので、読まない方がいいと思う方はとばしてください。

先日、大好きな祖母が他界しました。

誕生日の直前、66歳でした。

私は小さいころに両親が離婚したので、幼稚園の時は祖母の家で育ちました。

忙しかった母に代わって毎日迎えに来てくれた祖母。

泣き虫だった(今もですが)私をいつも大丈夫だいじょうぶと言ってくれた祖母。

そんな祖母が3年前から入退院を繰り替えすようになり、千葉と愛知という微妙な距離ということもあり、会うのは1年に1度程度。

「いつでも会いに行こうと思えば行ける」そんな気持ちでした。

社会人になり、なかなか長い連休も取れず、年末の4連休に会いに行くつもりで、祖父には伝えてありました。

それを聞いて祖母はとても喜んでいたようです。

それからの突然の訃報。

電車で母と東京に向かう途中でした。

ありがとうも大好きも何も伝えることができませんでした。

いつでも言える、いつでも会える、そんな気持ちでずっといて、こんなに後悔するとは思ってもいませんでした。

大切な人にはちゃんと気持ちを伝える、そんな簡単で当たり前のことができませんでした。

後悔ばかりが残って、泣いて泣いて1週間くらい夜な夜な泣いてました。

そんなときに出会ったこんな言葉。


一年の大切さを知るには、
 落第した学生に
 聞くと善いでしょう。

一ヶ月の大切さを知るには、
 未熟児を生んだ母親に
 聞くと善いでしょう。

一時間の大切さを知るには、
 待ち合わせをしている恋人に
 聞くと善いでしょう。

一分の大切さを知るには、
 電車に乗り遅れた人に
 聞くと善いでしょう。

一秒の大切さを知るには、たった今、
 事故を避けることが出来た人に
 聞くと善いでしょう。

10分の一秒の大切さを知るには、
 オリンピックで銀メダルに終わった人に
 聞くと善いでしょう。

だから、あなたの一瞬一瞬を大切にしましょう。
そして、あなたはその時を大切な誰かと
過ごしているのなら、十分に大事にしましょう。
その人は、あなたの時間を使うのに
十分ふさわしい人でしょうから。

そして、時間は誰も待ってくれないと
いうことを覚えましょう。
昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。
明日は、まだ分からないのです。
今日は、与えられるものです。

だから、英語では
今をプレセント(present)と呼びます。

おばあちゃんありがとう。私は今、大好きな人たちが周りにたくさんいて、とても幸せです。

きっと天国でずっと見守ってくれていると信じて、毎日めげずに頑張ろうと思います。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました♪(^・ェ・^)あ(・Θ・)り@(・ェ・)@がU・ェ・Uとぉ〜 ♪

広告を非表示にする